本当に効果がある早漏克服法おしえます。

 

早漏で悩んでいるあなたへ。
このサイトにたどりつくまで様々な情報を得たと思います。

 

残念ながら、都市伝説まがいのデタラメな早漏対策が氾濫しています。
それらの早漏対策は効果がなかったり、
リスクをともなうことがあります。

 

このサイトでは、最新の医療研究と、私の実体験をもとに、
本当に効果がある早漏克服法を教えます。

早漏の原因は2つ!

 

対策をたてる前に、まずは早漏の原因を理解しておきましょう。
何事も原因を知らずして対策のたてようがありません。

 

早漏の原因は大きく分けて

  • ペニスへの刺激
  • 性的な興奮

の2つです。

 

 

【原因1】ペニスが敏感すぎる

 

 

挿入して3こすり半でイッてしまった経験はないでしょうか。
少しでもペニスが刺激を受けると、射精してしまうことは多いと思います。

 

早漏の原因の1つに、普通の人よりペニスが敏感であることが考えられます。

 

”感じやすい”と解釈することもできますが、
いかんせん早くイッてしまうので問題です。

 

なぜ過敏になってしまったのか?というと、理由は2つあります。

  • 包茎である
  • 経験不足

 

包茎の人は、ペニスが刺激に弱いことが多いです。
普段、亀頭が皮に覆われており”過保護”な状態です。
SEXの時に一時的に皮がむけますが、
普段、刺激に慣れていないので、耐えることができずイッてしまいます。
ですから、包茎の人は早漏になりやすいんです。

 

また、経験不足であることも関係しています。
オナニーとSEXは違います。
手コキでは耐えれても、膣の気持ち良さには耐えきれず
射精してしまう人もいるでしょう。
この場合は、経験を積むことで解消できます。

 

 

【原因2】興奮をおさえられない

 

 

早漏の原因の2つ目は、興奮をおさえられないことです。

 

最新の研究では、早漏の原因のほとんどは心因性、
つまり精神的な問題だといわれています。

 

たとえば、挿入してすぐにイッてしまう人がいます。
ほとんどピストンせずに射精してしまう人は、
ペニスが敏感であるというより、興奮をおさえられないことが原因だと思います。
それまでの前戯(手コキやフェラ)で何とか耐えられたのに
挿入したら耐えれないということは、挿入行為に興奮しすぎている可能性があります。

 

そもそも、なぜ興奮しやすいのでしょうか。

 

最近の研究では、早漏の人はセロトニンが不足していることがわかっています。
セロトニンとは、わかりやすく言えば、脳内にあるリラックス物質です。
リラックス物質であるセロトニンが何らかの原因で不足しているので、
結果として興奮しやすくなります。

 

 

【番外編】中年の早漏は射精筋の衰え

 

番外編として、射精筋が衰えていることが原因で早漏になることもあります。

 

射精をつかさどる筋肉に射精閉鎖筋というものがあります。
この射精閉鎖筋は、加齢とともに衰えることがあり、
結果として早漏になることもあります。

 

40代以上で早漏の場合は、射精閉鎖筋の衰えも疑ってみる必要があります。

 

 

効果がある早漏対策

 

繰り返しになりますが、
早漏の原因は、ペニスが刺激に弱いことと、興奮しやすいことの2つです。

 

よって、ペニスを鍛え、興奮をおさえれば、
早漏は治る
わけです。

 

それでは1つ1つ解説します。

 

 

ペニスを鍛えるトレーニング

 

 

早漏防止スプレーをかければペニスは鈍感になりますが、
効果は一時的です。
根本的に解決したいのであれば、
ペニスを刺激に強くするトレーニングをおすすめします。

 

やり方は簡単。
普段のオナニーをちょっと工夫するだけです。

 

  1. おかずとローションとストップウォッチを用意する
  2. 手とあそこにローションを塗る
  3. おかずを見ながらシコシコする(※亀頭を刺激することを意識する)
  4. 勃起したらストップウォッチをスタートする
  5. イキそうになったらシコシコするのを止める
  6. 我慢できたら再開する
  7. またイキそうになったらシコシコするのを止める
  8. 射精したらストップウォッチを止めて時間を記録する

 

ローションを使う理由は、ピンポイントで亀頭を鍛えるためです。
ペニスで最も敏感な部分が亀頭です。
ここを鍛えるのが肝心なのですが、ローションを使わないと、
ガサガサして痛くなることがあります。
(突起しているので、乾燥した手で強くしごくと、かなり負担がかかります。)
ローションを塗れば、安全に亀頭を鍛えることができます。

 

さらに、ストップウォッチで時間をはかるのも重要です。
記録をつけておけば、どれくらい変化があったのか?把握できます。
モチベーションを維持するためにも、時間をはかって記録をつけることをおすすめします。

 

 

興奮をおさえる方法

 

 

ペニスを鍛えるだけでなく、興奮をおさえることも
同じくらい大事です。

 

射精するために、ペニスへの刺激と性的興奮の2つが必要です。
ペニスが刺激されれば勃起はするでしょうが、
それだけでは射精はしません。
女性のセクシーな姿など、興奮材料がなければイカないでしょう。

 

反対にいえば、
興奮をおさえることさえできれば、射精を防ぐことができるんです。

 

 

では、どうすれば行為中に興奮をおさえることができるのでしょうか。

 

最も効果的なのが、早漏治療薬を飲むことです。

 

さきほどチラッと紹介しましたが、近年の研究では
早漏の人はセロトニンが不足していることが原因だといわれています。
(原因は様々でしょうが、遺伝的にセロトニン不足であるという見方が有力です。)

 

セロトニン不足を食事などで補うのは難しく、
薬を飲むことになります。

 

たとえば、鬱病の原因もセロトニン不足といわれており、
抗うつ剤にはセロトニンを増やす効果があります。
実際、抗うつ剤を飲んだ患者の中で「遅漏になった」という報告が
数多くあり、早漏への効果も確認されています。

 

この効果を応用して作られたのが「ダポキセチン」という成分です。

 

ダポキセチンは、抗うつ剤と同じようにセロトニンを増やす効果がありながら、
副作用は最小限に抑えられています。
まさに早漏改善のために開発された薬です。

 

ダポキセチンを含む早漏治療薬は色々ありますが、
一番価格が安いのが「ポゼット」です。

 

 

私も飲んだことがありますが、効果は劇的で、
いつもより10分以上長く交われました!

 

とにかく早く早漏を治したい人には、おすすめです。

 

ポゼットの通販はこちら
   ↓↓